学生マンションに住むなら『ネットから探そう』

種類がある

一口に賃貸物件といっても複数の種類があるので、まずはそれを把握しておくといいでしょう。そうすれば、学生さんにぴったりの物件をすぐに探し出すことが可能になるのです。

物件の種類

  • アパート
  • マンション
  • マンスリーマンション
  • ウィークリーマンション
  • 一戸建て

探し方について

従来では不動産会社に行かなければなりませんでしたが、現代ではインターネットから気軽に物件を探すことが可能となっています。便利な方法を知っておくといいでしょう。

サクサク検索~誰でも簡単に学生マンションを利用できるコンテンツ~

住宅模型

ネットで見つかる

学生マンションなら、ウェブサイトを活用すればすぐに見つけることが可能となっています。そのため、県外の学校の近くに引越したい場合であっても、何度も不動産会社に行くことなく自分に合った物件を選ぶことができるでしょう。また、保証人がいなくて悩んでいるのなら、京都マンスリーマンションをあたってみましょう。マンスリーマンションなら保証人が不要で家を借りることが可能となっていることがあるためです。

学校名や駅から探す

既に学校が決まっているのなら、学校に近い学生マンションを探すといいでしょう。そうすれば、遅刻をすることもなくなりますし、帰りが遅くなっても夜道を長時間歩くこと無く帰ることが可能となっているのです。

学生専用がいい

セキュリティー面を不安に思うのなら、学生だけが暮らしている学生マンションを探すことも可能です。そこなら、遠くにいる親御さんも不安に思うことはなくなるでしょう。

ここに注目して上手に借りる

敷金礼金無し

通常引越しをするなら、新しく住むところの家賃1~3ヶ月分の料金を先に不動産会社に支払わなければなりません。しかし、敷金礼金ゼロと表示されている場合なら初期費用が抑えられ、すぐに引っ越して生活をすることができるでしょう。

家具家電付き

マンションを借りるだけでもお金がかかるのに、テレビやベッドなどの高額なアイテムを買い揃えていたら家計が苦しくなってきます。しかし、家具家電付きであればその必要がなくなります。

家賃の相場

家賃は地域にもよりますが、平均は4~5万円となっています。安すぎると耐震性などが問われますし、高すぎると支払いが滞ってくるので、相場を目安にするといいかもしれません。

シャワーの水圧や電球

設備は、実際に住んでから不具合に気づくことが多いので、マンションを見学する時に調べておくといいでしょう。そうすることによって、ストレスを感じることなく学生生活を過ごすことができます。

周辺の立地

学生さんなら部屋でも勉強をすることがあるので、その周辺の環境がうるさくないかどうか調べるべきです。特に、飲み屋街があったり、学校が複数あったりする場合は人の声に気が散ってしまうことがあるので、避けましょう。

広告募集中